‘未分類’ カテゴリー

パーティーチークの入れ方

“女性はパーティーに参加する機会が多く、パーティーに参加する際のコーディネ

 

ートやメイクが気になるものです。

 
パーティー会場ではパーティーの性質によって照明が変わり、ライトの加減によっ

 

て肌の見栄えが変わってきます。

 
パーティーチークの入れ方は照明に合わせて使用する色を選択することが大切

 

であり、パーティー会場で映えるように調整することが必要です。

 
また、血行を良く見せる効果があり、メイク全体のバランスを整えてくれます。

 
パール色はパーティーに最適な色であり、肌を美しく華やかに見せてくれる効果

 

があります。

 

 
アイシャドウやルージュとの相性が良い色であるので、ファンデーションにこの色を

 

取り入れると、透明感のある肌を実現することが可能です。

 
パーティー会場におけるメイクは、いかに華やかに見せるかが大切であり、化粧品

 

メーカーではパーティーに最適な化粧品を多数開発・販売しています。

 
パーティーに最適化された化粧品を取り入れることで、パーティー会場に合った

 

コーディネートがしやすくなります。

 
メイクやパーティードレスは、パーティーにおいて女性を華やかに見せるためにと

 

ても重要な物であり、メイクの仕方やパーティードレスの着方やアクセサリーの付け

 

方によって、雰囲気を変えることが可能です。

ハリ肌チークの入れ方

女性の方は、年齢を重ねてくるとお肌にたるみが出てくるので、悩んでいる方が増

 

えています。

 
メイクの頬紅を入れることで、お顔に立体感が出てくるので、お肌のたるみをカバ

 

ーすることが出来ます。

 
ハリ肌チークの入れ方を知っておくことで、お肌を若々しく見せることが出来ます

 

し、見た目の年齢を若返らせることが出来ます。

 
まずは、頬骨の部分にハイライトを入れるようにして、笑顔を作り頬骨の一番高い

 

部分を見つけます。

 
頬骨の一番高い部分に、自分のお肌の色にあっている商品を選んでつけるように

 

すると、お顔のたるみを目立たなくすることが出来ます。

 
頬紅を上手に入れることで、お肌の血色を良く見せる効果が期待できますし、お

 

顔に立体感が出てきます。

 
頬紅を付けていないと、お顔がのっぺりとした印象になってしまうため、必ず付け

 

るようにしたいものです。

 
頬紅には、豊富なカラーが揃っているので、血色をよく見せたいと考えている方に

 

は、ピンクやオレンジ系がお勧めです。

 
自分に合ったカラーを選ぶことで、お肌を美しく見せる効果が期待できます。

 
数多くの書籍やDVDも販売されているので、自分の顔立ちに合ったメイク法を、

 

学んでおくようにすると良いでしょう。

血色チークの入れ方

健康で若々しい肌とは、キメ細やかで滑らかな質感と血色が良い肌です。

 
特に血色が良い顔は元気でイキイキとした印象を与えます。

 
身体の内側から血行をよくすることはもちろん、メイクでも血色よく見せることができ

 

ます。

 
第一印象で華やかな印象に見せるのはメイクが一番効果があります。

 
血色チークといわれるのは、自分の肌色と馴染みがよい色で自然に血色よくみせ

 

るメイク方法のことです。

 
血色よく見せるにはメイクの色も重要ですし、入れ方にもコツがあります。

 
自分の肌色によってメイクの色選びをする必要があります。顔色を良くするのはピ

 

ンク系ですが、ピンク系といっても様々な色のバリエーションがあります。

 
肌の色が黄みがかったオークル系ならば、黄色が混じったようなピンク、すなわち

 

サーモンピンクやオレンジに近いピンクが自然に見えます。

 
肌に色がかなり白いベージュやピンク系ならば、青みが混じったようなベビーピン

 

ク、ローズピンクが自然に見えます。

 
自分の肌に合わない色だと、不自然な印象を与えます。

 
入れ方も重要です。笑ったときに一番高くなる頬の部分に丸く円を描くようにほん

 

のりと色をのせます。

 
自然に血色良く見せることでシミも目立たなくなります。

小顔チークの入れ方

メイクは仕上げ方次第で小顔に見せることができるものです。

 
しかし、逆を言えば仕上げを間違えてしまうと小顔ではなく、逆に顔が大きく見え

 

たり野暮ったく見えてしまいますので気をつけましょう。

 
では、小顔に見せる方法ですが、もっともポピュラーなものとして頬に色を入れる

 

小顔チークという方法があります。

 
この方法でまず気をつけるのは入れる場所です。

 
小顔に見せるには、基本的に入れる場所は頬骨の辺りがメインとなります。

 
入れ方としては、まずこめかみから頬骨の一番高い場所へ向かって上から斜め下

 

に入れ、次に今度はえらから頬骨に向かって斜め上方向へ入れていき、最後にこ

 

めかみの辺りで円を描くようにしてラインをぼかします。

 
こうすると、顔の印象がシャープになるのです。

 
また色味にも気をつかいましょう。

 
明るい系統ですと膨張して見えてしまいますので、どちらかというと暗めが基本で

 

す。かといって、暗すぎると肌がくすんで見えてしまいますので気をつけましょう。

 
また肌に入れると少し違って見えることがあるので、選ぶ時には自分の肌で試した

 

方が確実です。

 
こうした方法に加えてファンデーションの乗せ方にも気をつけ、輪郭の外側を濃い

 

目に内側を薄めにすると立体感が出て尚小顔が引き立ちます。

タール色素とシミの関係

顔の中で、頬骨がある頬は紫外線が当たりやすい箇所なため、シミができやすい

 

箇所です。

 
紫外線による刺激を受けないためにも、日焼け止めをしっかりと塗り、ファンデー

 

ションでカバーすることが大切ですが、旧厚生省が危険性を指摘した旧表示成分

 

であるタール色素を使用する事も非常に危険です。

 

 

タール色素は83種類もあり、石油精製の際にできるナフサを原料とし合成された

 

合成着色料のことで、ファンデーションや口紅などのメイク用品に多く使われてい

 

ます。

 
タール色素を塗った肌に紫外線があたると、メラニンが生成され、肌の残るとメラニ

 

ンを肌に沈着させてしまいます。

 
合成界面活性剤が皮膚のバリアゾーンを破壊し、破壊された部分から肌に色素

 

が入り込み、たんぱく質を壊す性質から表皮の細胞が壊れ、メラニン色素が沈着

 

してしまうのです。

 
また、発ガン性やアレルギー、アトピーを引き起こす原因にもなるため、できるだけ

 

使用しないほうが良いと言われています。

 
タール色素が使用されているメイク用品は、肌だけではなく、口や鼻、目などに入

 

る可能性もあるため、知らず知らずのうちに身体に取り込まれてしまうのです。

 

 

メイク用品を選ぶ際には、着色されている化粧品の成分欄にタール系色素の表示

 

がないか確かめてから購入することがよいでしょう。

 

クリームチークの選び方と注意点

頬紅の種類は、形状により、パウダーとクリームチークの二種類があります。

 

パウダータイプのものは、筆ブラシなどを使い、頬にのせます。さらっとした付け心

 

地や、手軽さで人気があります。色を数種類混ぜて、自分の好きな色にカスタマイ

 

ズすることもできます。いっぽう、粘土があり、クリーム状になっている頬紅は、パウ

 

ダータイプよりも肌になじむのが特長で、一日中とれにくく、化粧直しも少なく済み

 

ます。パウダーよりも、塗りました感がなく、内側から発色した、ナチュラルな仕上

 

がりも人気の理由となっています。使い方は、指やスポンジに少量をとって、塗り

 

たい位置に点状につけたあと、ぼかすように広げます。パウダータイプの場合、フ

 

ァンデーションなどを全て終わらせた後に、仕上げでつけますが、クリームタイプ

 

は順番を変えることが、ナチュラルに仕上げるポイントとなります。リキッドファンデ

 

ーションの場合、リキッドファンデーションを塗った後にクリームタイプ頬紅をのば

 

し、仕上げにお粉をはたきます。パウダーファンデーションの場合、下地の後につ

 

けて、最期に、ファンデーションをはたきます。この順番こそが、肌の内側から発

 

色したナチュラル感を出すポイントなのです。商品を選ぶ際は、固すぎず、肌に

 

良く伸びるものを選びましょう。また、色を混ぜて使えないので、自分の肌色に合

 

うカラー選びも大切です。口コミなどを参考にすると、発色の良い商品などの情報

 

も知ることができるので、いろいろ調べてみるのも良いですね。

肌質でチークの質感を選ぶ

メイクは、テクニックやカラーを変えることで美しくなることが出来ますが、肌質で変

 

えることでよりキレイになる事が出来ます。

 
肌の質とメイクの質感を合わせて、より美しく見せましょう。

 
人間の肌には、「乾燥肌」や「オイリー肌」、「敏感肌」など様々な肌に分かれます。

 
「乾燥肌」の方は、カサカサとしているため、のっぺりとした印象に見られがちで

 

す。そんな時には、「パール」の配合された物を使うと良いでしょう。

 
パールには、キラキラ見せることによって肌のアラを隠したり、立体的に見せること

 

が出来る他にも、ツヤのある肌に見せることが出来ます。そのため、乾燥肌の方に

 

はピッタリです。

 

 
「オイリー肌」の方が使用してしまうと、肌がギラギラ見え過ぎてしまうことがありま

 

す。

 
そのため、オイリー肌の方は、「マット」な質感のものを使用するのが良いでしょう。

 
これを使用することによって、皮脂によりテカテカしがちな肌も、落ち着いて見せる

 

ことが出来ます。ただ、オイリー肌の方は皮脂によりメイクが崩れやすいので、時間

 

が空いたら脂とり紙などで皮脂をおさえ、再びメイクすることで美しい状態を維持

 

出来ます。

 
また、メイク用品や肌によって「合う、合わない」があるので、自分に合ったものを使

 

用しましょう。

年齢でチークを選ぶ

女性の特権であるような、お化粧に関しても、まだ若く肌にも張があるような女の子で

 

は、可愛く目立つようにお化粧をして、自分が映えるように装います。これが、

 

段々年齢を重ねていきますと、肌の状態も若い時とは違い、それ相応に張を失っ

 

てきてしまいます。その後は、自分の年代に合ったもので、肌の状態を保護して

 

改善するような、保湿やリフトアップといった、化粧品を好んで使うようになってきま

 

す。女性であれば、若き日の自分には遠くても、出来るだけ今の若さを保持して、

 

保ちたいと願っています。化粧品の下地もそれ相応ですが、一番人目につく顔の

 

中で、部分的な場所に入れるカラ―として、瞼や頬の部分に、ほんのりと入れるも

 

のがあります。その効果は、部分にカラ―を入れることにより、顔の中にメリハリを付

 

けて、目をぱっちりとさせたり、ほんのりとぼかして入れたカラ―により、優しい感じ

 

を演出していきます。カラ―の色にも種類が豊富で、使う人を楽しませてくれます

 

が、それも年代によっては、落ち着いた、大人の女性を感じさせるような、シックな

 

演出が出来る色が求められます。年代が上であるにも関らず、若い子達が使うよう

 

なものですと、やはりそこだけが浮いてしまって、折角の大人の色気を感じさせな

 

くなってしまいます。

なりたいイメージでチークを選ぶ

メイクは、女性にとってはキレイになるために欠かせないことです。

 
メイク用品には、アイシャドウをはじめマスカラや口紅など様々なアイテムがありま

 

すが、頬に色を付けるアイテムは、顔色の血色を良くみせ、華やかに見せてくれる

 

ために、是非使っておきたいアイテムです。

 
これは、使用する色や入れる部分によって、なりたいイメージを変えることが出来

 

ます。

 
「可愛い」雰囲気になりたいなら、「ピンク」がおすすめです。ピンクの中でも、ビビ

 

ットな色ではなく、ふんわりと色付くパステルカラーのピンクの方が、可愛い優しい

 

雰囲気になります。ほほ全体に丸くクルクルと回すように付けるとより可愛らしくなり

 

ます。

 
「シャープ」な印象になりたいなら、ブラウンやオレンジがおすすめです。頬骨の下

 

の部分を、こめかみから斜めに入れると言いでしょう。また、こめかみから顎にかけ

 

て塗ると、シェーディング効果も得る事ができ、よりシャープな印象になります。

 
「セクシー」な印象になるなら、「ローズ」や「レッド」がおすすめです。入れ方として

 

は頬骨にそって斜めに入れますが、面長の方は少し丸く、丸顔の方は斜めに入

 

れるのが良いでしょう。

 
どれでもない無難な色を選ぶなら、「コーラル系」がおすすめです。