血色チークの入れ方

健康で若々しい肌とは、キメ細やかで滑らかな質感と血色が良い肌です。

 
特に血色が良い顔は元気でイキイキとした印象を与えます。

 
身体の内側から血行をよくすることはもちろん、メイクでも血色よく見せることができ

 

ます。

 
第一印象で華やかな印象に見せるのはメイクが一番効果があります。

 
血色チークといわれるのは、自分の肌色と馴染みがよい色で自然に血色よくみせ

 

るメイク方法のことです。

 
血色よく見せるにはメイクの色も重要ですし、入れ方にもコツがあります。

 
自分の肌色によってメイクの色選びをする必要があります。顔色を良くするのはピ

 

ンク系ですが、ピンク系といっても様々な色のバリエーションがあります。

 
肌の色が黄みがかったオークル系ならば、黄色が混じったようなピンク、すなわち

 

サーモンピンクやオレンジに近いピンクが自然に見えます。

 
肌に色がかなり白いベージュやピンク系ならば、青みが混じったようなベビーピン

 

ク、ローズピンクが自然に見えます。

 
自分の肌に合わない色だと、不自然な印象を与えます。

 
入れ方も重要です。笑ったときに一番高くなる頬の部分に丸く円を描くようにほん

 

のりと色をのせます。

 
自然に血色良く見せることでシミも目立たなくなります。