年齢でチークを選ぶ

女性の特権であるような、お化粧に関しても、まだ若く肌にも張があるような女の子で

 

は、可愛く目立つようにお化粧をして、自分が映えるように装います。これが、

 

段々年齢を重ねていきますと、肌の状態も若い時とは違い、それ相応に張を失っ

 

てきてしまいます。その後は、自分の年代に合ったもので、肌の状態を保護して

 

改善するような、保湿やリフトアップといった、化粧品を好んで使うようになってきま

 

す。女性であれば、若き日の自分には遠くても、出来るだけ今の若さを保持して、

 

保ちたいと願っています。化粧品の下地もそれ相応ですが、一番人目につく顔の

 

中で、部分的な場所に入れるカラ―として、瞼や頬の部分に、ほんのりと入れるも

 

のがあります。その効果は、部分にカラ―を入れることにより、顔の中にメリハリを付

 

けて、目をぱっちりとさせたり、ほんのりとぼかして入れたカラ―により、優しい感じ

 

を演出していきます。カラ―の色にも種類が豊富で、使う人を楽しませてくれます

 

が、それも年代によっては、落ち着いた、大人の女性を感じさせるような、シックな

 

演出が出来る色が求められます。年代が上であるにも関らず、若い子達が使うよう

 

なものですと、やはりそこだけが浮いてしまって、折角の大人の色気を感じさせな

 

くなってしまいます。