肌質でチークの質感を選ぶ

メイクは、テクニックやカラーを変えることで美しくなることが出来ますが、肌質で変

 

えることでよりキレイになる事が出来ます。

 
肌の質とメイクの質感を合わせて、より美しく見せましょう。

 
人間の肌には、「乾燥肌」や「オイリー肌」、「敏感肌」など様々な肌に分かれます。

 
「乾燥肌」の方は、カサカサとしているため、のっぺりとした印象に見られがちで

 

す。そんな時には、「パール」の配合された物を使うと良いでしょう。

 
パールには、キラキラ見せることによって肌のアラを隠したり、立体的に見せること

 

が出来る他にも、ツヤのある肌に見せることが出来ます。そのため、乾燥肌の方に

 

はピッタリです。

 

 
「オイリー肌」の方が使用してしまうと、肌がギラギラ見え過ぎてしまうことがありま

 

す。

 
そのため、オイリー肌の方は、「マット」な質感のものを使用するのが良いでしょう。

 
これを使用することによって、皮脂によりテカテカしがちな肌も、落ち着いて見せる

 

ことが出来ます。ただ、オイリー肌の方は皮脂によりメイクが崩れやすいので、時間

 

が空いたら脂とり紙などで皮脂をおさえ、再びメイクすることで美しい状態を維持

 

出来ます。

 
また、メイク用品や肌によって「合う、合わない」があるので、自分に合ったものを使

 

用しましょう。