小顔チークの入れ方

メイクは仕上げ方次第で小顔に見せることができるものです。

 
しかし、逆を言えば仕上げを間違えてしまうと小顔ではなく、逆に顔が大きく見え

 

たり野暮ったく見えてしまいますので気をつけましょう。

 
では、小顔に見せる方法ですが、もっともポピュラーなものとして頬に色を入れる

 

小顔チークという方法があります。

 
この方法でまず気をつけるのは入れる場所です。

 
小顔に見せるには、基本的に入れる場所は頬骨の辺りがメインとなります。

 
入れ方としては、まずこめかみから頬骨の一番高い場所へ向かって上から斜め下

 

に入れ、次に今度はえらから頬骨に向かって斜め上方向へ入れていき、最後にこ

 

めかみの辺りで円を描くようにしてラインをぼかします。

 
こうすると、顔の印象がシャープになるのです。

 
また色味にも気をつかいましょう。

 
明るい系統ですと膨張して見えてしまいますので、どちらかというと暗めが基本で

 

す。かといって、暗すぎると肌がくすんで見えてしまいますので気をつけましょう。

 
また肌に入れると少し違って見えることがあるので、選ぶ時には自分の肌で試した

 

方が確実です。

 
こうした方法に加えてファンデーションの乗せ方にも気をつけ、輪郭の外側を濃い

 

目に内側を薄めにすると立体感が出て尚小顔が引き立ちます。